河内長野市 介護保険・身体障害者手帳・後期高齢者の手続き申請など。

河内長野市 介護保険・身体障害者手帳・後期高齢者について。

 介護保険・身体障害者手帳に関連する申請利用の手続き・各種制度についてまとめましたので、ご家族を介護される事になった方や既に介護されている方は参考にしてください。


 私の父も前兆もなくいきなり夕食中に脳内出血を起こし、入院・退院後やがて寝たきりとなりました。
 そうなると家族にかかる負担は半端ではありません、ここではその負担が少しでも軽くなるように介護保険・身体障害者手帳などの手続きについてまとめました。

 法改正等による変更や私の誤認・誤記があるかもしれないので、事前に市役所や関係機関に必ず確認を取るようにしてください。


 2015年8月から自己負担額が2割となる人がいます、また自己負担の限度額に1ランク上が追加されます。

介護が必要になったとき。

介護が必要になったとき。

寝たきりの状態まで行かなくても、「介護してほしいな」(1人でトイレ・食事・着替えが難しいなど)と思ったときは介護保険の申請(無料)を”ダメでもともと”で行いましょう。

状態によっては以下も検討します。(以下の身体障害者手帳・機構団信の申請は無料ですが、申請に添付する医師の診断書(有料)が必要です。)

  • 身体障害者手帳の申請と身体障害者手帳発行後の各種 税の減免や控除・各種割引。
  • 住宅ローンを返済中で機構団信を契約している場合は債務弁済手続。(こちらは最低でも、寝たきりでおむつを常用する・食事・着替えの介助が必要な状態以上でないと難しいです。)

介護保険の申請

病院・医師から介護保険の申請を勧められた時はもちろん、家族・本人の判断で介護サービスの利用を希望する場合は介護保険の申請をします。(無料)

逆に言うと申請しなければ何もしてくれません。(政治家のみなさん、これっておかしいと思いませんか?)
また、老々介護や親1人子1人の家庭の場合は負担がとても大きく、介護保険制度があってもこれを利用するための手続きなどが負担となって現役世代の介護を理由とした離職などを招き、今後もっともっと社会問題へと発展していくと思います。

  • 準備
    あらかじめ、河内長野市役所 介護保険課(TEL:0721-53-1111)へ電話して持っていく必要があるものを確認しておきます。
    (ここでは変更があるかもしれないので、持ち物について省略します。)
    また、申請を行うと後に「認定調査」(平日の昼間)ということで市の職員または市から依頼を受けた人が自宅や入院している病院へやってきて、本人の状態確認と家族へのヒアリングが行われますので、会社の有給休暇を取得するなどして都合のいい日を作っておきます。
  • 介護保険課へ申請
    河内長野市役所2階の介護保険課へ申請に行きます。そして手続きと「認定調査」の希望日・介護を受ける予定の人が「認定調査」の時にいる場所などを伝えます。
  • 認定調査
    市の職員または市から依頼を受けた人が自宅や入院している病院へやってきて認定調査が行われます、「認定調査」の家族の立会は必須というわけではないようですが、家族しか知らない自宅での生活状態を聞かれたり、家族からも意見が言えたりします。(介護を受ける人によっては出来ていない・難しい状態なのに、恰好が悪いと調査の人に本当のことを言わない人がいます、そんな時は家族の人が訂正します。)
  • 介護認定審査会
    申請を受けた市は「介護認定審査会」なるものを開いて、介護の等級を決めます。
  • 審査結果通知と介護保険被保険者証
    先に市役所から、決定の通知が届きます。
    後日、郵送で介護保険被保険者証が簡易書留で自宅に届きます。
  • ケアプラン作成事業者と契約
    介護受ける人または家族でケアプラン作成事業者を選んで契約し、ケアプランを作成してもらいます。(あまり大きな声では言えませんが、できるだけ中立な立場のケアプラン作成事業者と契約した方が、後々の介護サービスの選択の幅が広くなるかもしれません。(ケアプラン作成事業者の所で、何か介護サービスが提供されている場合は「私たちのサービスを利用してね。」と言われるかもしれません。))
  • ケアプランの作成
    ケアプランについて、ケアプラン作成事業者・介護を受ける人とその家族が話し合い、可能な限り希望を盛り込んでもらいます。
    ※ケアプランの調整
     訪問介護(ヘルパー)・デイサービスなどを利用する予定(ひと月単位)を組んで利用者負担額を算出しながら、利用するサービスの調整を行います。
     介護保険の等級が変わると利用者負担額が変わることがあります。
  • サービス提供業者さんとの契約
    ケアプランについて同意をしたら、今度は利用するデイサービスの業者さんやヘルパーさん・介護用具のレンタル屋さん(電動ベッドなど)とも契約を行います。
    (この時、介護を受ける人の状態をデイサービス・ヘルパーの業者さん・介護用具のレンタル屋さんの方が見せてください(会わせてください)と言われます(家族の人とも会わせてくださいと言われます)。ですからいきなりたくさんのサービスを利用するとなるとスケジュールの調整も大変で、面談の当日は大賑わいになります。)
  • サービスの利用開始
    サービスの利用を開始します。(料金の支払いは現金・コンビニからの振り込み・口座引き落としがあります、また領収書は特にリハビリのディサービス・訪問介護(ヘルパーさん)の物は医療控除の対象となると思いますので、確定申告までなくさないように保管しておきます。)

介護保険の等級について。

河内長野市のホームページに記載されている介護保険の等級と利用限度額の表を見ていると、介護保険の等級が上がれば上がるほど利用できるサービス限度額が増えてたくさんのサービスが利用できてお得のように見えますが、実際にはデイサービスなどでは介護保険の等級が上がれば上がるほどその方に手がかかるという事で請求額が増加し、結果自己負担額も増えますので介護保険の限度額に利用したいサービスが収まっているのなら介護保険の等級が低い方がいい場合もあります。

デイサービスの業者・ヘルパーさんと家で飼っている犬。

自宅で犬を飼っている人に注意があります。それはたとえばヘルパーさんが飼っている犬に噛まれた時、この治療費を負担しなければならないかもしれません。だれにでも尾っぽを振って愛想よくする小型犬の場合は特に問題は無いと思いますが、場合によっては「ゲージに入れてください」と言われるかもしれません。

介護保険の更新。

介護保険証にも有効期限があって、期限前に更新のお知らせが来ます。
新規の申請と違い、ケアプラン作成事業者の人が手続きをしてくれますが「認定調査」はありますので、上記のとおり予定日を準備しておく必要があります。(更新時も書類による市と主治医とのやり取りがありますが、こちらはそんなに気にしなくていいと思います。)



このページのトップ

居宅介護住宅改修費

トイレや風呂・リビング・寝室や廊下・階段に手すりなどを付けたい場合は、ケアプラン作成事業者・改修業者の方に介護認定が要支援または要介護と認定された方の状況や自宅の状況を市に報告してもらいます、そして市に自宅の改修が必要と認められると改修に必要な費用を市に補助してもらえます。


以下に概要を記載しますが詳細は市のホームページを参照していただくか、市役所・ケアプラン作成事業者の方にお問い合わせください。(改修工事前に申請をします。)

  • 限度額
    利用者一人あたり原則20万円まで。
     20万円ですが、手すりなどを介護を受ける人がいつもよく利用する部屋(トイレや風呂・リビング・寝室など)や廊下・階段に結構な数を付けてもらえますので利用した方がいいと思います。
    要支援および要介護区分が最初の利用から3段階以上上がった場合は、再度20万円の補助を受けられます。
  • 自己負担額
    改修費用の1割(※2割となる場合があります。)。補助金は直接、改修業者に支払われます。(工事の下見の時に作成する、代理権授与通知書で支払い先を指定します。)
  • 申請方法
    ケアプラン作成事業者の方に相談してください。
  • 改修工事の下見
    ケアプラン作成事業者の方に依頼した後日、改修業者の方が自宅に来て、手すり等を取り付ける位置の写真を撮影して市への申請書類を作成してもらえます。この時も家族の立会をお願いされます。
    手すり等を取り付ける位置や数は、介護を受ける人・家族の希望を聞いてもらえます(限度額以内にしましょう)。この時に申請を業者さんに代理してもらう為の委任状や代理権授与通知書などの書類を作成します。
  • 改修工事の立会
    自宅の改修を行うことになれば、改修日を決めて業者さんに改修工事してもらいます。(多分1日で終わると思います。)
  • 改修工事後の処理。
    改修工事が終了したその日に、自宅の改修後の写真を業者さんが撮影します。
    また市への後の処理もしてもらえます。

このページのトップ

居宅介護福祉用具購入費・福祉用具レンタル

福祉用具のカタログがありますので、ケアプラン作成事業者の方に相談すれば貸してもらえます。
カタログを見ながら購入したり、レンタルしてもらう福祉用具(電動ベッドなど)を決めます。


以下に概要を記載しますが詳細は市のホームページを参照していただくか、市役所・ケアプラン作成事業者の方にお問い合わせください。

  • 限度額
    購入の補助は利用者一人あたり同一年度内(4月から翌年3月まで)で10万円まで。(すでに購入した同種の福祉用具は対象外となります。)
     介護を受ける人の介護度が上がって使えなくなる福祉用具(特に入浴関係)があるので、あまり欲張って購入すると後でただ邪魔な物になってしまいます。
     介護保険が適用されるレンタル福祉用具のレンタル料は介護保険から補助されます、他に利用したい介護サービス料金と合わせて介護保険の利用限度額内となるように調整することになります。(介護保険の利用限度額から超過した分は、全額自己負担です。)
  • 自己負担額
    購入費用の1割(※2割となる場合があります。)。補助金は直接、改修業者に支払われます。(福祉用具の注文時に、代理権授与通知書で支払い先を指定します。)
    介護保険が適用されるレンタル福祉用具のレンタル料は介護保険から補助され、こちらも1割負担(※2割となる場合があります。)です。
  • 申請方法
    ケアプラン作成事業者の方に相談してください。都道府県の特定福祉用具販売の指定を受けた事業者(販売店)を紹介してくれます。(福祉用具の注文時に、自宅で委任状・代理権授与通知書などの作成をする必要がありますが、市への必要な申請等はしてもらえると思います。)

以下は豆情報です、参考にしてください。

車いすの無料レンタル。

有料で車いすのレンタルを受ける事も出来ますが、河内長野市のイズミヤ河内長野店・河内長野市立大師総合運動場(体育館)の近くにある、河内長野市社会福祉協議会(TEL:0721−65−0133)から無料で借りられます。
 まず河内長野市社会福祉協議会に行く前に電話で借りられる車いすの在庫があるか確認してください。 また手続き後にすぐに車いすを借りられるので、車で行き大師総合運動場の駐車場を利用して自分で車に借りた車いすを積んで帰ります。(1か月以上車いすをこの福祉協議会から借りる場合は、月1回電話でレンタルの延長を、年1回は朱肉を使うハンコを持って同事務所に行って更新手続きを行う必要があります。)

車いすを利用する場合は、自転車用の空気入れも用意しておきましょう。車いすのタイヤの空気は結構抜けてしまいます。


実際に福祉用具を見て決めたい時。

ケアプラン作成事業者の方に聞いてみてください。河内長野市では、キックス・河内長野警察 近くのドラッグストアー キタバさんのお店が品ぞろえ豊富かもしれません。(駐車場がゲート付きなので、車で行くと何か買わないと駐車料金が有料になるかもしれません。)



このページのトップ

利用したい介護関係サービス

利用したい介護関係サービス。

介護は大変です、無理せずに介護関係サービスを利用しましょう。(利用の際は一度、ケアプラン作成事業者の方に相談してください。)
以下以外は河内長野市のホームページのキーワード検索で「高齢者向け在宅サービス」で検索してみてください。


訪問介護(ヘルパーさん)。

身体介護型の訪問介護(食事や排泄の介助などを含む)と生活援助型(衣服の整理、調理、掃除、洗濯など)の訪問介護があります、大きな違いは介護を受ける人の体を触る介護かどうかです。
(この料金は医療控除の対象となるので、領収書を確定申告まで保管するようにします。)

訪問介護はお願いすれば年中無休で来てくれます、お正月も追加料金なしで来てもらえます。(実際はケアプラン作成事業者の方に確認してください。)

自己負担額は介護保険(等級)の利用限度額内であれば、訪問介護(ヘルパーさん)業者からくる請求額の1割(※2割となる場合があります。)です。


デイサービス。

デイサービスには半日(おやつ付き)・1日(食事・おやつ付き)があります。どちらでもいいのですが、介護を受ける人が嫌がっても可能(医師から禁止されていないなど。)であれば、デイサービスを利用する方がいいと思います。介護する側もデイサービス中は介護から解放されますし、本人も気分転換になります。

またデイサービスには、入浴やレクリエーション中心のサービスと体の機能回復・維持を目的としたリハビリがあります。どちらも週に1回ずつは利用するといいと思います、場所を移動するデイサービスで運動やほかの人と話しをすることで適度な脳への刺激が発生し痴呆や認知症を抑制してくれると思います。

 ただデイサービスを利用したくても、デイサービス事業所で利用者が定員いっぱいで受付できませんという事もあるので、ケアプラン作成事業者の方に確認してください。


自己負担額は介護保険(等級)の利用限度額内であれば、デイサービス業者からくる請求額の1割(※2割となる場合があります。)です、しかしサービス中に出されるおやつ・食事代やサービス中に読むことが出来る新聞の料金などは、介護保険の対象とならず全額自己負担(私の父が利用しているディサービス半日(食事なしでおやつあり)では月に4回の利用で約1,000円程度です。)です。


ショートステイ(短期間の介護施設入所)。

在宅介護が国の原則(これも無理があると思います)。しかし、旅行や出張・疲れたので1日介護から解放してほしいという場合は、ショートステイを利用できます。利用には予約が必要なのでケアプラン作成事業者の方に確認してください。


私は利用したことが無いのですが介護施設によって料金が違うようなので、ケアプラン作成事業者の方に確認してください。(介護保険は適用されますが、デイサービスと同様におやつ・食事代など介護保険が適用されない物もあるので確認してください。)


介護タクシー。

通院などで寝たきりの人を介護する人1人で、病院まで連れて行くのはものすごく大変な作業です。有料ですが必要に応じて介護タクシーを利用します、ただタクシーですので病院の入り口までしか連れて行ってくれません、そこから医師の所までは介護する人が連れて行くことになります。


利用料については、私は利用したことが無いのでケアプラン作成事業者の方・介護タクシーに確認してください。


河内長野市の燃えるゴミシール。

おむつを利用するとなると、ゴミが増えて市から無料でもらえる燃えるゴミシールが足りなくなりますので、追加で燃えるゴミシール(無料)をもらうことができます。ケアプラン作成事業者の方にお願いすると市役所からもらって来てくれます。


河内長野市の訪問理容サービス事業。

河内長野市在住で65歳以上の高齢者(寝たきり状態など理容店に行くことが困難)の方が対象。介護保険の認定は不要。
(問い合わせ先:河内長野市役所 健康長寿部 いきいき高齢課)


入浴サービスが提供されるデイサービスの所でも、理容サービスを受ける事が出来る場合がありますので確認してください。


ケアプラン作成事業者の方にお願いすると申請してくれると思います。
 このサービスを受けるには助成券が必要で、助成券は年間4枚交付され1回の自己負担は2,000円です。(訪問出張費用は河内長野市が負担)

河内長野市に登録されている理容店が自宅まで来てくれて理容サービスをしてくれます。


河内長野市の寝具洗濯乾燥サービス助成。

河内長野市在住で65歳以上の在宅高齢者(寝たきり状態や失禁等で頻繁に寝具の洗濯乾燥が必要)の方が対象。介護保険の認定は不要。
(問い合わせ先:河内長野市役所 健康長寿部 いきいき高齢課)


ケアプラン作成事業者の方にお願いすると申請してくれると思います。
 このサービスを受けるには助成券が必要で、助成券は自宅に市役所から郵送されてきます。(平成26年時点)助成券は年間6枚で、シングルサイズの掛け布団、敷き布団、毛布1枚につき助成券1枚を使用し1点ごとに270円の自己負担が必要です。指定されたクリーニング店(指定以外のクリーニング店では利用不可)へ自分で電話して申し込みます、クリーニング店によっては寝具を自宅まで取りに来てくれます。



このページのトップ

その他に介護する人の負担となる項目。

その他に介護する人に負担となる項目。

国などが決めた制度には絶対に無理があります。介護する人が無理を感じたら、いろんな人に相談してみてください。(親身になってくれる人がいるといいのですが・・・。)

通院 かかりつけの病院と大阪南医療センター(旧国立病院)。

私の父は脳内出血を起こしたので、発症後に救急搬送されたのは大阪南医療センターでした。
大阪南医療センターを退院後はリハビリ入院して、これもその後退院。
 この後の自宅生活でも、脳内出血の再発を防止するために血圧を下げる医師の処方が必要な薬の投薬を続けなくてはなりません。また定期的(2か月に1度)に大阪南医療センターへ検診に出かけなくてはいけません、この検診時に血圧の薬の処方をお願いしたのですが「かかりつけの病院でもらってください」という事で大阪南医療センターからなかなか処方してもらえません。((かかりつけの病院)制度上の問題だそうです。)

 病院に父を連れて行くとなると、父をベッドから起し、服を着せて、車いすに乗せて、車の所まで行って、車いすから車に乗せ換えて・・・、病院に着いたらさっきの逆を・・・と大変な作業となります、かかりつけの病院は家の近所の診療所ですが、これを会社から帰ってきてから行うとなると会社を早退しなければ診療時間に間に合いません。(薬だけ診療所にもらいに行くのは”ダメ”だそうです。(処方はしてもらえますが・・・))

 その後、大阪南医療センターの医師と口論になりかけましたが、お願いにお願いを重ねて大阪南医療センターで薬の処方をしてもらっています。(大阪南医療センターの主治医の外来担当曜日(父の検診日)と、かかりつけ診療所の休診日が同じ。)


目を向けられる事の無い、高齢者・身体障害者の家族。

 介護・福祉に従事する人も、この専門家を育成する人も高齢者・身体障害者の立場や人権などを熱く語りますが、家族に対しては関心が無いようで、介護関係の方との打ち合わせや介護・福祉に関する講座でも家族については決して一切触れられません。
 高齢者・身体障害者の事を思って最高に手厚い介護や介助をしても、その人の家族が悩んでいたら高齢者・身体障害者の方もつらいと思うのです。
 高齢者・身体障害者の家族もいろいろ悩みや苦労を抱えていると思います。
 突然、家族の1人が障害を持って倒れたという場合、「障害受容の段階的過程」を当人と一緒に家族もたどります、またそれと同時に家族は何をすればいいのか、どんな支援制度があるのか、またその手続きが分からずパニックになります、家族の負担を減らすためにも各種支援制度の案内やその各種申請・手続き方法を簡単でも案内できる人が増えるといいなと思います。
 高齢者・身体障害者 ご本人も自分だけでなく、家族の方も安心して暮らせることを望んでいるはずです。



このページのトップ

身体障害者手帳。

障害者手帳。

寝たきりや車いすが必要な状態になったら、身体障害者手帳の申請を主治医と相談してみてください。身体障害者手帳が交付されると思われるときは申請してみてください。
身体障害者手帳の申請は無料ですが、申請には大阪府の指定を受けた医師の診断書(ちょっと高価)が必要でこれに料金が発生します。

寝たきりや車いすが必要な状態になったら、断言はできませんが申請すれば3級以上に認定されると思います。


身体障害者手帳があると等級によっては、各種税控除・高速料金や交通機関の料金割引が受けられるほか、大阪南医療センターでは障害者専用の駐車場(すぐに満車になりますが、利用できたときはかなり楽です)が利用でき、この他でも障害者用の駐車スペースが利用できます。

(以下の記述の「ETCカードを利用しての高速料金割引」から下は、身体障害者3級以上となった場合です。)

  • 身体障害者手帳の申請準備
    河内長野市役所の障がい福祉課に、電話で申請に必要な物を確認してください。
    以下は私が申請した時の参考例です。
     ・大阪府の指定を受けた医師(指定の医師は市役所で教えてもらえます。)の診断書
     ・朱肉を使う印鑑
     ・本人の写真(縦4cm・横3cm 証明写真でなくてもOKで、自分で写真をデジカメで撮影してプリンターで白黒印刷して、指定サイズに切りました。)。
  • 身体障害者手帳の申請
    河内長野市役所1階の障がい福祉課に、大阪府の指定を受けた医師の診断書・朱肉を使う印鑑・本人の写真(縦4cm・横3cm 証明写真でなくてもOK)と共に申請します。
  • 身体障害者手帳の交付
    身体障害者手帳の申請から2・3週間から1か月ほど後に身体障害者手帳の交付が決定して、河内長野市役所に身体障害者手帳が届く(身体障害者手帳は大阪府が発行)頃に、交付の通知が自宅に郵便で来ます(身体障害者手帳は郵送されません)。朱肉を使う印鑑と届いた通知・本人の健康保険証と障害者が普段使う車の車検証を持って、河内長野市役所1階の障がい福祉課に行って身体障害者手帳を受け取り、またそこで各種税控除・高速料金や交通機関の料金割引などの説明を受けます。
    車の車検証を見せてとりあえず高速料金の割引をしてもらえるように身体障害者手帳にハンコの押印と必要事項の記入をしてもらいます。
  • ETCカードを利用しての高速料金割引
    上記の身体障害者手帳に記載してもらった高速割引は、料金所で係員に手帳を提示して割引を受けます、また割引を受けられる期限が切れる前に通知等はありませんので更新時期に注意して更新を受けるようにしてください。
     ETCカードの高速料金割引は、ETCレーンを使用しても割引を受けることができて、カードの更新時期はカード会社から通知があります。(ETCカードの高速料金割引を受ける場合でも、身体障害者手帳を必ず携帯するようにします。)
     申請には身体障害者本人名義のETCカードが必要です、以下にある申請に必要な物を持って河内長野市役所1階の障がい福祉課で申請します。(障がい福祉課にも必ず確認してください。)
     ・身体障害者手帳
     ・割引を受ける車の車検証
     ・障害者本人が車を運転する場合は、その人の免許証
     ・身体障害者本人名義のETCカード
     ・割引を受ける車のETC車載器の管理番号が確認できる物。

     申請してもすぐにはETCカードの割引は適用されません。
    申請するとすぐにもらえる「ETC利用対象者証明書」を、この時同時に障がい福祉課から封筒がもらえるのでこれに自分でもらった「ETC利用対象者証明書」を入れて封をし、郵便切手を貼ってポストに投函します。
     書類のポスト投函から2週間ほどするとETCカードを利用しての高速料金割引が適用されますという通知が届きます。(この通知が届くまでは、割引が適用されません。また割引は申請したETCカードを同じく申請したETC車載器に挿入して使用したときのみ適用されます、ETCカードを他の車載器に挿入しても割引は適用されません。)
  • 駐車禁止除外指定車標章の交付
    河内長野警察署に行き、警察署の1階窓口(免許証の更新と同じ)で身体障害者手帳・印鑑・障害者本人の健康保険証を出して駐車禁止除外指定車標章の交付を申請します、すぐに駐車禁止除外指定車標章は交付されます。
     駐車禁止除外指定車標章があってもどこでも駐車できるわけではありませんので、交付時の資料をチェックします。またこれに有効期限があるので更新時期に注意してください。
  • 自動車税の減免手続き(バスやトラックなどは不可)
    自動車税の減免とは、毎年5月の中旬頃にある自動車税の減免です。エンジン排気量2000cc以下の車は全額が減免(0円)となり、2000ccを超える車は1500cc超2000cc以下の車に課税される額を減免されます(例えば3000ccの車の場合、課税額58,000円から39,500円が減免され納税額は18,500円となります)。
     障害者と生計を一にする家族(配偶者や親子など(6親等内の血族および3親等内の姻族の人))が所有する車を身体障害者手帳を持つ障害者が通院などに使用する場合は、一度南河内府民センタービル内の府税事務所(0721−25−1131)へ自動車税の減免が受けられるか・減免が受けられる場合は必要な書類を聞いてみてください(障害の等級によって減免が受けられないかもしれませんが、障害等級が3級以上の場合は受けられるかもしれません)。
    既に納付済みの場合は月割りで還付されます。

     以下は私が申請した時の参考例(書類)です。
    (通院証明書と住民票は発行から日が経過しているものは不可(府税事務所に確認してください。))
    申請は対象となる車の所有者(自動車税の納税義務者)が、富田林市の南河内府民センタービル内の府税事務所で行います。
    ・減免を受けようとする車の車検証(コピーでも可)。
    ・朱肉を使う印鑑。
    ・身体障害者手帳。
    ・その車を運転する人の運転免許証。
    ・身体障害者が通院している病院に発行してもらった通院証明書(有料)。
    ・住民票(続柄を省略していないもの、有料)
  • 自動車取得税の減免手続き
    自動車取得税の減免制度もありますので、新たに車を取得する・取得したばかりという人は府税事務所に減免が受けられるか確認してください。(自動車取得税の減免については申請期限があるので注意してください。)
  • NTTドコモやNHKなど、その他の割引。
    身体障害者手帳を持つ障害者が携帯電話を持っている場合は、その電話会社に一度割引制度が無いかを確認してみてください。障害の等級にもよりますが割引が適用される場合があります。
    (身体障害者手帳を受け取りに行くともらえるしおりにも記載があるので、必ずチェックしましょう。)
  • 確定申告の時も身体障害者手帳を持っていきましょう。

このページのトップ

確定申告。

一度は確定申告をしてみましょう。

年金受給者となっていて収入が一定額に満たない場合は確定申告をしなくてもいいのですが、確定申告をしてみてください。
思っていたより還付が多いかもしれません。
 また、確定申告は本人(同行しなくても)でなくても出来ます、私の場合は自分の父親の確定申告を私が1人で申告会場に行って申告しています。(どの血縁関係までなら、申告の代理が可能かはあなたがお住まいの税務署(大阪府富田林税務署:TEL(0721)24-3281)に一度確認してください。)


申告の会場は市の広報(だいたい1月号)に掲載されます、最近は富田林市の”すばるホール”で行われています。

その際は以下でお持ちの物は持って行ってみましょう。

  • 身体障害者手帳
  • 医療控除の対象となる領収書(医療機関を受診した時の領収書や薬代の領収書も含む)
  • おむつの領収書と医師のおむつ使用証明書
  • 必須ではありませんが、確定申告の待ち時間が長い(1・2時間)ので愛読書など時間をつぶせるもの。

このページのトップ

機構団信の債務弁済手続き。

機構団信による債務弁済手続き。

機構等住宅ローンを返済中で機構団信も契約していて、機構等住宅ローンの債務者が介護が必要な状態・身体障害者となった場合は、「機構団信の債務弁済手続き」(高度障害手続き)を一度検討してみてください。
 ただ、住宅ローンの債務弁済ですから審査はかなり厳しく、最低でも債務者が寝たきりでおむつを常用する・食事・着替えの介助が必要な状態以上でないと難しいです。でも、こちらも費用と手間(最初の申請から債務弁済決定まで6ヶ月くらいかかります)はかかりますが”ダメでもともと”で手続きをしてもいいと思います。(請求権の時効もあるので注意してください。)


債務弁済が行われるまで、審査中もローンの返済を続ける必要があります。

  • 書類を取り寄せる。
    機構等住宅ローンの返済に利用している、金融機関(銀行など)に電話して書類を取り寄せます。
  • 事前判定依頼届・障害診断書を準備して郵送する。
    いずれも金融機関から送付されてくる書類に用紙がありますので、事前判定依頼届は債務者本人または家族で記入し、障害診断書を主治医に記入(有料)を依頼します。
    書類が揃えば郵送します。
  • 初期審査が行われ、さらに審査を行うかの通知があります。
    郵便で保険会社による初期審査の結果通知があり、さらに本格的な審査を行うかの通知があります。
     この通知が来るまでに2・3か月くらいかかります。
  • 保険会社の調査の人が調査にやってきます。
    保険会社の調査の人が債務者本人の状態を確認に来て、いろいろ債務者本人や家族に対して質問を行います。
     またさらに詳細な診断書(この費用は保険会社が支払います。)を主治医に提出をお願いするという事で、保険会社が診断書の依頼を行うことの同意書へのサインを求められます。
     この後に保険会社と主治医との面談も行われるようです。
  • 保険会社の調査の人が、後日再度調査に来ることもあります。
    保険会社の調査の人が、2回以上調査に来ることもあります。
  • 最終的な保険会社の審査結果が通知されます。
    金融機関(銀行など)から最終的な保険会社の審査結果が電話で通知され、債務弁済が決定した場合は後日、機構等住宅ローンを弁済してもらうための「団信弁済届」を金融機関(銀行など)の窓口まで行って提出します。
  • 半月ほどで機構等住宅ローンの残債務は完済となります。
    機構等住宅ローンの残債務は完済となります。また後日抵当権の抹消の書類が送られてくるので、自分でまたは司法書士に依頼して建物・土地に付いている抵当権の抹消手続きを行います。

機構団信の審査・審査結果で重要なポイント。

弁済の対象となるかというのも重要ですが、症状の固定日も重要になります。
症状の固定日から弁済の対象となります。
ですから機構団信の審査最終結果の通知より症状の固定日が前の場合はさかのぼって弁済が行われて、すでに返済で支払ったお金が返金されてきます。
 また最悪の場合で債務者ご本人が他界した場合でも、死亡日よりこの症状の固定日が前の場合は症状の固定日からの弁済となる可能性がありますので、手続き(死亡手続きか高度障害手続きのどちらで手続きするか)に注意してください。


機構団信の審査結果が債務弁済の対象とならないとなっても、後に再度審査を依頼することは可能。

今回の審査結果で債務弁済の対象とならないとなっても、介護等級が上がるなど症状が進行した場合は再度審査を依頼できます。
機構団信の契約を継続し、年齢上限ぎりぎり(機構団信 保障期間の終了前)に再度審査を依頼してもいいと思います。


他の保険。

ここでは、機構団信の例を記載しましたが、契約している他の保険もあるかもしれません(ご本人は痴呆・認知症で忘れているかもしれません)、家族の人は面倒がらずに確認しましょう。(請求権の時効に注意してください。)



このページのトップ

介護している人が介護を理由に退職した場合の失業保険(雇用保険)と国民健康保険。

特定理由離職者の失業保険(雇用保険)と国民健康保険。

誠に残念ながら介護を理由として離職する人が多いのが現状です。
でももしそうなった場合は、ハローワークでの失業保険の手続きの時に相談してみてください。


介護している人が介護を理由に離職(自主退職)した場合でも特定理由離職者と認められる事があり、この場合は失業保険(雇用保険 以下単に失業保険)の基本手当を給付制限(3カ月間)無しでもらえて(給付期間と額は変わりません)、国民健康保険料も一定期間軽減されます。(国民健康保険料の軽減期間と保険料の納付額については、河内長野市役所の保険年金課窓口で確認してください)
(介護(通院介助なども含む)で、会社を休んだり・会社の業務に支障が出て会社にいづらくなっての退職の場合も。)


会社在職中に加入していた健康保険の任意継続をした場合は、保険料の減免はありませんのでご注意ください。


  • 条件
    失業保険の受給を受けられる方とは「就職しようとする意思と、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている方」となっています、ですから介護を理由に離職してその後も同じ理由・状態で就職できない場合は、失業保険の受給はありません(国民健康保険料の一定期間軽減はあるかもしれません。)。
     しかし、例えば介護を理由として離職したが、離職後に介護保険が利用できる状態、または介護等級が上がって以前より介護サービスを利用できるようになって、ヘルパーさんなどの介護サービスを受ける事で週20時間以上の就業が可能となり求職活動を行えるという場合は、ハローワークで失業保険の手続き時に特定理由離職者の申し立てを行います(※1)。
     もし特定理由離職者の申し立てが認められると給付制限(3カ月間)無しで失業保険の受給を受けて・国民健康保険料の一定期間軽減も受ける事が出来ます。(離職は介護に専念する為だが、離職後に何らかの理由で介護に専念する必要が無くなり、週20時間以上の就業が可能となったので求職活動を行うという状態。 最終的に特定理由離職者と認められる・この条件にあてはまるかは、ハローワークの判断となります。)
  • 手続き
    河内長野市にあるハローワーク1階の受付に離職票を提出し1階の手続き後に2階の失業保険の窓口に行き、介護が理由の退職であると相談します。
    この時の持ち物として以下を参考にしてください。
     ・離職票
     ・介護の対象となる人の介護保険証
     ・介護の対象となる人の身体障害者手帳
     ・介護の対象となる人とあなたが同居している事を証明できる書類(介護の対象となる人の健康保険証でも可)

    離職理由の申し立てを行います。(窓口から渡される申立書に上記の条件にある、自主退職だが介護に専念する為の退職である・退職後に○○○○によって週20時間以上の就業が可能となったので求職活動を行うと記入し提出します(介護保険が利用できるようになるなど、なぜ就業が可能となったかの客観的な理由が必要です。)。)

    雇用保険説明会の時に申し立てが認められたかの回答があります、申し立てが認められると「雇用保険受給資格者証」の”12.離職理由”に”33”と記入されています。

    申し立てが認められたら、河内長野市役所の保険年金課窓口に以下の物をもって、国民健康保険料の一定期間軽減手続きを行います。
     ・雇用保険受給資格者証
     ・国民健康保険証
     ・限度額適用認定証(交付を受けている方)
     ・朱肉を使う印鑑
  • 後日、世帯主宛に国民健康保険料納付通知書が届きますので、注意してください。(離職した方宛ではなく、世帯主宛ですので注意してください。)

※1
介護保険の新規・更新や介護保険証の有効期間に行う介護認定の変更申請の申請中で結果待ちの状態でも申し立てを行うことが出来ます。(出来れば介護の認定を受けられる・等級が上がると見込める根拠があるといいです。 例:現状の等級は寝たきりになる以前の認定なので今回の介護認定では等級が上がるはずです。 (いずれにしろ、一度ハローワークで相談してみてください。))


国民年金の納付免除

離職により、収入が無くなった場合に国民年金の納付免除を受けることが出来ます、ただ離職した人だけの収入ではなく同世帯の世帯主・配偶者の所得も審査の対象となります。 ですから審査対象者に年金収入など一定額の収入があると国民年金の納付免除を受ける事は出来なくなります。
 しかし収入がある人が身体障害者手帳を持っている場合は、この一定額に余裕が与えられて国民年金の納付免除を少しでも受ける事が出来るかもしれませんので、市役所の保険年金課で確認してください。

 この時の持ち物として以下を参考にしてください。
 ・雇用保険受給資格者証
 ・朱肉を使う印鑑

翌年以降も収入が無くこの国民年金の納付免除を受けるには、雇用保険受給資格者証が必要ですので雇用保険受給が終了しても廃棄せずに保管してください。


このページのトップ

2015年(平成27年)8月から介護サービス利用時の自己負担が2割となる人がいます。

2015年(平成27年)8月から介護サービス利用時の自己負担。

 7月ごろ(前年の所得が確定する頃)に介護認定を受けている人に、介護サービスを受けた際の自己負担割合を通知する書類(負担割合証:有効期限 1年間)が送付されて来ます、これに自己負担割合が1割か2割かが記載されています。


 2割負担となる人。(負担額の上限額があるため、必ずしも負担額が2倍になるとは限りません。)
 ご本人の合計所得金額が160万円以上の方(単身で年金収入が280万円以上の人)。ただし、65歳以上の方が2人以上いる世帯は346万円未満の場合は1割負担。


このページのトップ

2015年(平成27年)8月から介護サービス利用時の自己負担額の上限額に1ランク上が追加。

2015年(平成27年)8月から自己負担額の上限額に1ランク上が追加。

 これまで月額の自己負担の限度額最上位金額は37,200円でしたが、医療保険制度における現役並み所得相当の方(70歳以上で病院の窓口負担が3割の人)は44,400円となります。(限度額を超えた分が後に給付(高額介護サービス費として)されますが、これには市への申請が必要です。)


このページのトップ

河内長野市の高齢者生活・介護するご家族へ、介護保険・身体障害者手帳・後期高齢者について。