美加の台・千早口・天見(八幡神社) コースを春に歩くと目にする花をご紹介します、他にもありますので探しに行ってみて下さい。




四月から五月(その1)
名称:カキドオシ(垣通し)


名前の由来は垣根を越えてつるが伸びてくることによります、別名”カントリソウ”と呼ばれ薬としても使われていました。
名称:立壺菫(タチツボスミレ)


日本全土の野山で最も見られるスミレだそうです。
名称:レンゲソウ


中国原産の2年草、大気中の窒素を固定できるので緑肥として利用されているそうです、だから水田地帯でよく目にします。
名称:ヘビイチゴ


多年草で、私が子供のころ友人に赤い実は”有毒で毒蛇はこれを食べて毒を補給する。”と言われましたが、実際には無毒だそうです。
 でも食べてもおいしくないそうです。
名称:クサイチゴ


やぶなどに生える樹木ですが、見た目が草に見えることからこの名がついたのだそうです。
 こちらの果実は食べられるそうです。

マイ タウン エクスプローラのメニューに戻る。   その2へ進む。