叡福寺

山号を磯長(しなが)山といいます。

 聖徳太子の御廟を守護するために推古天皇から土地を譲り受け、墓守の家10軒を置いたのが始まりといわれています。

またここを廟地として選定したのは聖徳太子ご自身で、磯長山の丘陵を利用して高さ7.2m径54.3mの円墳が造られています。


 この選定の際には、遠国の訴えにも配慮するため、甲斐国(現在の山梨県)から献上された黒駒(馬)に乗って雲の中を走っていた折に(富士山頂から)この地をご覧になり、廟地に選定されたという”黒駒伝説”が残っています。

交通(最寄り駅など)

お寺には駐車場があるので、車での参拝がいいです。

叡福寺 南大門・二天門・金堂・多宝塔・聖徳太子御廟

南大門

 円墳の内部は横穴式石室で推古30年(622年)4月11日に聖徳太子が49歳で薨去(亡くなる)され、母・妃と共に埋葬されます(三骨一廟)、このことは”日本書紀”に記述されています。


 聖徳太子はご存知のように、”十七条憲法”を制定することで役人の汚職を禁止し、人は皆長所と短所を併せ持つ平凡な存在で話し合いによって”和”を保つことを決まりとしています。
 万民に対して配慮した行政を行ったため、人々から慕われ敬われ、救世観音の生まれ変わりとされ、太子信仰が生まれます。
 このため、天台宗の最澄は永く比叡山で太子信仰の伝統を守ります、浄土真宗の親鸞聖人は29歳の春、修行に行き詰って苦心していたところに太子が救世観音となって現れお導き下さったとし、生涯 太子を信仰するようになります、また叡福寺に参籠(一定期間この寺にこもって昼夜祈り続けます)します。(太子御廟の横にある見真大師堂は参詣記念とのことです。)
 他にも時宗の一遍上人、日蓮宗の日蓮上人、真言宗の弘法大師(弘法大師堂が境内にあります)がそれぞれ参籠されています、さらっと記述していますが各宗派を代表する高僧の方々です。


「日本人の心の原点がここにある」と叡福寺は説明しています。


左の写真は上から南大門・南大門から見た二天門・金堂・金堂と多宝塔・聖徳太子御廟です。
 金堂には弘法大師作と伝えられる、高さ約90cmの如意輪観音坐像が(脇侍に)不動明王・愛染明王と共におられます。


 また叡福寺の前に平安初期か鎌倉初期の作とされる石仏の阿弥陀如来坐像(本尊)と太子2歳の南無仏像が安置されている隔夜堂が、その脇の道を奥に進むと浄土宗の尼寺で聖徳太子作とされる阿弥陀仏像(本尊)が安置される西方院があります、西方院には他にも聖徳太子の乳母であった月益・日益・玉照姫の3像が安置されています。

南大門から見た二天門
金堂
金堂と多宝塔
聖徳太子御廟

叡福寺