千 代 田 神 社


 すぐ東側を東高野街道が通る、この千代田神社には平安時代末期に製作されたといわれる御神体が2体あり、1体は菅原道真公(主神)、もう一体の御神体は当時周辺に住んでいた方の祖先の神と言われています。
 以前は”天神社”とか”天満宮”と呼ばれていたときがありました、神社の境内には”天満宮”と彫られた灯篭があります。
 明治40年10月19日に木戸神社と向野の伊予神社をここに合祀しました、その後大正5年4月周辺の地名が千代田村と改称されたことから”千代田神社”と人々から呼ばれるようになり、昭和43年10月に正式に”千代田神社”と改称しました。


 この神社にはこのほかに立派な楠が何本かあります、また秋祭りの”だんじり”が宮入するところでもあります。