松 明 屋


訪れた時も中から読経が聞こえてきましたので、現在も信仰の対象になっています。


 弘法大師が高野山を開くために京都から旅して、この地に着いた時に夜が明けたのでそれまで使ってきた松明(たいまつ)を地面に突き刺しました。
 この突き刺した松明が後に根をはり、大木に成長したという伝説があります。
 またこの地(岩瀬)の人が弘法大師を家に招き粽(ちまき)を差し上げると、たいそうお喜びになり粽に永代不滅のおまじないをしました、その後この地で作られる粽には病を治す不思議な力を持つようになり、高野山参拝の人々にも勧めました、この粽を所持している限り疫病に感染しないと言われていました。





周辺は田んぼが多く田舎の家みたいです。