白鳳山 松 林 寺(真言律宗)


かなり昔に訪れたときは、この正門前に集会所があったのですが、無くなっていました。
 また周りにはたくさん新しい家が建っています、でもここだけ時間が止まっているみたいです。

それと”しょうりんじ”と読みますが、カンフーはやっていません。

表門前を通っている道が西高野街道であるため、かつては高野山を目指すお坊さんの中継地だったそうです。
 今では、お目にかからなくなりましたが、高野山を目指すお坊さんが松ヶ丘を夜に懐中電灯をもって歩いておられたのを拝見したことがあります。

 観音堂は最近の建立ですが、不動堂と本堂は江戸時代後期の建立です。
 また、松林寺所蔵の両界曼荼羅図(市指定文化財)は延命寺の浄厳和尚が1688年に描いたもので両お寺に交流がありました。

また昔の話ですが、かつてこのお寺の境内に公園があったのですが、無くなっていました。

右の写真は春日神社です。
 お寺のすぐ隣にあります。