仏日山 盛 松 寺(高野山真言宗)


近くに幼稚園・小学校・高校があり、また今は少し離れていますが、千代田小学校という小学校がここを仮校舎としてスタートしています。

 弘法大師がこの地を訪れた時、この辺りに流行していた疫病が鎮まるよう祈願し、後にその祈願した場所から生えてきたくすの木(枯れた後(1716〜1736年))を使って弘法大師の像を作り、祀ったのが始まり。
 また弘法大師が万病に効果があると伝えた、”ユズみそ”を12月21日にお参りに来られた方々に供物として渡され、それを冬至に食べると気力・体力ともにつき疫病に感染しないと言い伝えられています。