長 野 神 社


河内長野駅近くにあって、市内では”えべっさん”で有名で、特に1月10日の戎祭りには周りに露店が出るなど賑わいますが、河内長野駅前の雑踏からは離れた、静かなところにあります。
 でも河内長野駅周辺の開発が進み、写真にも写っていますが周りに背の高いマンションが建っています。


 江戸時代の中期(1711年ごろ)までは木屋堂の宮・牛頭天王宮とも言われていましたが、明治元年に今の長野神社と改称されました。
 神社自体の創建を知る文献は無いようですが、本殿は重要文化財に指定され、室町時代末期に建立されたと推定されています。