八幡山 興 禅 寺(曹洞宗)


 今でこそ最寄の駅は”美加の台”で、そこからバス(美加の台口で下車)に乗ってお参りできますが、昔は”三日市町”から歩かなければなりませんでした。


 平安時代末期に作られた阿弥陀如来坐像(他に不動明王もおられます。)が本尊で、重要文化財に指定されています、この阿弥陀如来坐像は高さが1m半ほどあり、寄木造です。
 境内には蓮池があり、千数百年前より咲き続けるという白い蓮”斑蓮”(まだらはす)があります、7月から8月にかけての早朝に咲くとのこと。


 お隣(同じ場所)に赤坂上之山神社があり、同時に参拝できます。