薬樹山 延命寺(真言宗御室派)

この延命寺周辺は昔 鬼住村と呼ばれ、鬼伝説があります。

 聞いたお話しでは、泉の父鬼(現 和泉市父鬼町)に男鬼が住みこの延命寺付近にその妻が住んでいたのですが、勇敢な男が弓矢を武器に鬼を退治したといいます。

またここを延命寺として開いた(創建は弘法大師と伝えられています。)浄厳和尚はこの勇敢な男の子孫だそうです。また鬼退治の時に使用した弓矢が寺宝として伝えられているそうです。


 近くに美加の台などの住宅街が出来て交通も便利になったこともあり、車や生活の音が聞こえてくるなどひっそりとした感じが薄れましたが多くの参拝者が訪れる市内名所のひとつとなっています。

交通(最寄り駅など)

南海電鉄の「美加の台駅」から南海バスに乗車し「延命寺口」で下車します。(「美加の台駅」からの南海バスは左回りと右回りのバスがありますがどちらでも構いません、でも右回りの「延命寺口」バス停の方が近いです。)

お寺には駐車場もあります。

簡単な南海バスの「延命寺口」からの道順ページは 「 こちら 」 をクリックして下さい。

参拝のお勧め時期

この延命寺は特に秋の紅葉で有名ですが、春の新緑もとてもきれいなお寺です。
春は 「 こちら 」 を、夏は 「 こちら 」 を、秋は 「 こちら 」 を、冬は 「 こちら 」 をクリックしてください。

山門

延命寺の山門

 紅葉の季節は延命寺山門の前から、きれいな紅葉で迎えてくれます。

 石碑に刻まれた「延命寺」の上に”薬樹山”とありますが、昔はこの周辺に薬草が多かったことに由来するそうです。


延命寺の紅葉

休みの日が紅葉の見頃となった場合は、大変な人で賑わいます。
(駐車場も満車状態になります。)

春の新緑に包まれる延命寺の山門前。

新緑の季節の延命寺も秋に負けないくらいきれいです、また春には道中の野草がきれいでかわいい花を咲かせていますのでこちらも楽しみになります。
 この山門の辺りもちょっとした庭園の様になっていますので、足を止めて見てください。

延命寺の山門。

仁王様がいない山門ですが、周りの木々や景色と調和する山門です。

延命寺の山門。
延命寺の山門の手前。

山門のすぐ手前の左に、道が伸びているのですが、ここも見ておきたいポイントです。

秋の延命寺の山門の手前。

境内

延命寺手を洗う水場
延命寺手を洗う水場の龍


山門をくぐって、ここ手水舎で手や心を清めます。
 テレビで言っていましたが、寺院は写真の様に龍から水が出てきます。各家庭の方はこれよりへりくだって、龍より下の蛇という事で”蛇口”と言うのだそうです。

延命寺の境内

 延命寺の境内はお堂がある所と、夏にはきれいな蓮の花が咲く池や睡蓮の池、そしてもみじの山があります。

(紅葉の季節は少ししんどいかもしれませんが、もみじの山も登って紅葉を鑑賞してみてください。)


延命寺の境内 延命寺の境内

延命寺の本堂

延命寺の本堂

 延命寺の本尊は如意輪観音です。


延命寺の本堂

延命寺の毘沙門天王堂

延命寺の毘沙門天王堂

 こちらには愛染明王・毘沙門天・不動明王がいらっしゃいます。

延命寺の地蔵堂

延命寺の地蔵堂

 こちらには像高は106センチで、右手には錫杖、左手には宝珠を持った凝灰岩製(ぎょうかいがん)の地蔵菩薩立像が中にいらっしゃいます。


延命寺の地蔵堂

延命寺の水子供養

延命寺の水子供養

 延命寺の本堂の右隣に水子供養の観音様がいます。
 ここにはたくさんのぬいぐるみが供えられています。

延命寺の鐘堂

延命寺の鐘堂

 延命寺の鐘は、残念なことにつくことは出来ません。

延命寺の求聞持堂

延命寺の求聞持堂

 虚空蔵菩薩のご真言”ナウボウ・アキヤシヤ・ギャラバヤ・オムアリキヤ・マリボリ・ソワカ”を100万回唱えるという求聞持法の修行をするお堂。
 この修行によって記憶力を増大させることが出来るのだそうです。

延命寺の西国三十三ヶ所石仏

延命寺の西国三十三ヶ所石仏

 延命寺の山に石仏があり、これらを巡ることで西国三十三ヶ所を参拝のご利益もいただけます。


延命寺の西国三十三ヶ所石仏

延命寺の蓮池

延命寺の蓮池

 お堂などがあるところから階段を登ると延命寺の蓮池があります、この蓮池の奥に睡蓮の池があります。


 夏にはきれいな蓮の花( 「 こちら 」 をクリック)が咲きますが、蚊などの虫対策は必須です。(2008年、延命寺の蓮が減少しています。)

延命寺の庭園

新緑の延命寺庭園

 延命寺の庭園はそれほど大きくありませんが、春の新緑と秋の紅葉の時期がきれいです。


延命寺の庭園

延命寺の「夕照の楓」

夕照の楓

 樹齢千年とも言われる延命寺の”夕照の楓”(大阪府指定天然記念物)です。


延命寺の紅葉

”夕照の楓”以外の紅葉もきれいで、たくさんの写真家も集まります。

新緑の季節の夕照の楓

新緑の夕照の楓。
 「夕照の楓」前に立てられている説明によると、樹齢が800年〜1000年と伝えられ弘法大師のお手植えとも伝えられているとの事。
 樹高が9m、幹回り5m。

薬樹山 延命寺(真言宗御室派)