格安スマホでスマホ代を節約。

格安スマホでスマホ代を節約。

今話題の格安スマホで、スマホ代を安く抑えて気軽にスマホを利用してみませんか。
(下記のページに表記されている内容はそれぞれページ製作時のものです、必ず申し込み時に価格やキャンペーンの内容を確認してください。)

格安スマホのいいところ、我慢するところ

格安スマホは利用料金などが安いのですが、やはり我慢しなければならないところもあります。

例えば・・・

  • 通信速度
    昼間など混み合う時間は、ドコモなどのスマホと比べると速度が落ちるようです。
  • メールアドレス
    「~@docomo.ne.jp」といった携帯電話会社が提供しているメールアドレスが使えなくなります。
  • 留守電サービス・キャッチフォンなどが利用できない場合がありますので、契約する前にチェックしてください。

などです。

でも、

  • 通信速度
    確かに混みあう時間は速度が低下するというデータがネット上に公開されていますが、私は昼間の混み合う時間でもサイト(ニュースなど)閲覧やメール(サイズの大きくない)の送受信・株価のチェックなどに使用していますが、そんなに気になりません。
  • メールアドレス
    YahooやGoogleのフリーメールや、ホームページを開設している人はホスティングサービスから提供されるメールアドレス、自宅でインターネット回線を利用している人はプロバイダが提供するメールアドレスも利用することが出来ます。

何と言っても”格安スマホ”は、その名の通りお値段が安いので一度使ってみて、どうしても物足りないのであればドコモやソフトバンク・auのスマホにしてみてはどうでしょう。

格安スマホのいいところ、我慢するところ

どんな人が格安スマホに向いている? / 向いていない?

格安スマホに向いていない?かもしれない人。

  • とにかく、通信速度がいつも最速でないと気に入らないという人。
  • 大きなデータ(動画データ等を再生ではなく一気に一括ダウンロード)を常日頃、やり取りをする人。
    (格安スマホでも、Youtubeなどの動画再生は出来ます。)
  • スマホの機種によっては、それで格安スマホを利用していることが人に分かってしまうので、そうなると嫌だと言う人。

格安スマホに向いている?かもしれない人。

  • とにかく、安くスマホを使いたい人。
  • ドコモやソフトバンク・auのスマホを既に持っていて、2台目のスマホとして使いたい人。
  • 家では高速ネット回線を使っていて、無線LANを使用している人。
    (大きなデータは、家に帰ってからやり取りする。)
どんな人が格安スマホに向いている? / 向いていない?

格安スマホの注意点

格安スマホの注意点

格安スマホの注意点。

  • SIMカードの大きさに注意。
    既に所有している・別でスマホ本体を購入している場合はSIMカードを購入することになりますが、SIMカードの大きさに数種類(nanoSIMカード・microSIMカード・SIMカード)ありますので適合する物を選ぶ必要があります。
  • SIMカードの相性
    SIMカードの大きさに対する注意も必要ですが、スマホ本体との相性もあるので、それぞれのSIMカードの動作確認リストなどを参照してください。
  • 契約している月間通信上限に達していなくても、速度制限される場合があります。
    契約によっては、例えば3GBの契約であってある月の利用が3GBにまだ達していなくても直近3日間の通信利用量が規定量を超えると速度制限される場合があります。
    詳しくは契約先に確認してください。
  • SMSを使って電話番号を認証する必要があるサービスを、使用する人はSMS機能付きSIMを選びます。
    (「LINE」もこの一つですが、「LINE」はデータ通信専用SIMでもFacebookのアカウントで登録すれば利用できるそうです。)

格安スマホ Q&A

格安スマホ Q&A

格安スマホ Q&A

  • 格安スマホSIMカードでIPhoneは使えますか?
    使えます。でも必ず各社のSIMカードの動作確認リストを確認してください。
  • スマホ本体とセットで契約出来ますか?
    契約先によって選べる端末の機種が異なったりしますが、セットで契約することが出来ますし、
  • 格安スマホ利用可能エリアは?
    格安スマホはドコモなどの回線を利用していますので、ドコモの回線を利用している場合はドコモと同じエリアで使用可能です。契約される所がどこの回線を利用しているか確認してください。
  • 現在の電話番号が引き継げますか?(MNP)
    通常、現在利用のガラケー・スマホの番号が、そのまま引き継げるMNPに対応しています。(詳しくは契約先のサイト等で確認してください。)
  • どこの格安スマホすればいいか、迷います。
    ご自身スマホの利用形態に合っているかや、各社が提供するサービスなどや、家のインターネット回線とのセット割など、を参考に決めてみてはどうでしょうか?
     特にご自身が必要なデータ量と各社のプランと照らし合わせてください。
     競争が今後も激化すると思います、サービス内容も変化していくと思いますから、あまり悩まずにとりあえず使ってみるのもいいと思います。(最低利用期間(しばり)がある場合には注意。)

格安スマホ一覧(簡易比較表)


表中の料金に端末代(スマホ本体代)は含まれていません。(初期費用等も含みません。)
また、サービス内容が変更される事がありますので、契約前に必ず契約内容を確認し皆さんの責任で契約してください。
(下記の表の内容が最新とは限りません。)


提供会社

月額料金(SIMのみ目安)
上:データ通信のみ
下:通話込

使用回線

通信速度

備考

\480(1GB) - \4,980(20GB)
\1,260(1GB) - \5,980(20GB)

NTTドコモ

LTE

通信速度を気にせず、とにかく安くスマホを使いたい人は”ライトプラン”で月額\440(データ通信のみ)。

データ通信量が1GBから20GBまで選べます。

余ったデータ通信料は翌月に繰越可

留守番電話サービス・キャッチホンサービスは無し。

U-mobile

¥790(1GB) - \2,480(使い放題) 他
\1,580(1.5GB) - \2,980(使い放題) 他

NTTドコモ

LTE

最低利用期間の設定に注意。

ビッグローブ

\900(3GB) - \3,790(10GB)
\1,800(3GB) - \4,690(10GB)

NTTドコモ

LTE

余ったデータ通信料は翌月に繰越可
端末とセットは BIGLOBEスマホ (\2,980(3GB)から)

OCN モバイル ONE

\900(110MB/日) - \1,450(5GB)
\1,134(110MB/日) - \1,728(5GB)

NTTドコモ

LTE

15GBプランがありますが、最大通信速度が500kbpsになります。

通話は050 plus(IP電話対応)】です。
050 plusは050 IP電話番号(050ではじまる11桁の電話番号)で発信・着信できるアプリです。

BB.exciteモバイルLTE

\720(1GB) - \1,170(4GB)

NTTドコモ

LTE

データ通信専用(音声通話はできません。また、A-GPSもご利用いただけません。)

プライベートIPアドレスが割り振られます、一部アプリケーションについてはご利用いただけない場合があります。

余ったデータ通信料は翌月に繰越可

最低利用期間:2ヶ月

格安スマホ